TOP > レーザー脱毛は身体に影響が無いのか

レーザー脱毛は名前の通りにレーザーを用いますが、レーザーというと非常に強力で危険なのではないかと心配する人もいます。
そうした心配をするのも大切な事ではあるのですが、レーザー脱毛は安全性についても考慮した上で開発された脱毛方法なのでそれほど心配をする必要はないです。


まず、レーザーというのは光の一種であり、体毛のメラニン色素が吸収しやすい波長の光を用いています。
光というのは波長によっても性質が異なっていて、その出力や照射時間を調整する事で特定の部分にのみ作用するようにする事も可能となっているのです。それを利用したのがレーザー脱毛であって、レーザーは体毛には反応するが、その周囲の肌には反応しないようになっています。肌には何ともないと言っても後になって皮膚ガンやシミなどの原因になる事は無いか心配する人もいますが、ガンやシミなどの原因となるのは波長の短い紫外線であり、レーザー脱毛で用いている光はもっと高い領域の波長の光であって全く異なるものなので心配はありません。

レーザー脱毛に関してはこちらのサイトをご覧ください。

また、レーザーは透過性がほとんど無く、肌のごく浅い部分までしか光の影響はないので光が肌を透過して臓器を傷つけたりする恐れも無いです。



一つだけ注意しなければならない事として、体毛がレーザーのエネルギーを吸収して熱を発生させるために、その熱による火傷に気をつける必要があります。
しかし、そうした事が無いように医師や看護師が肌をチェックしてから施術を行い、それでも火傷してしまった場合はすぐに治療して対応するようになっています。